支援者あっての主役だと忘れるな

連投ジジーです。

先ほどスリーペアレッスンの空き情報を更新したところ秒で埋まってしまいました。
(↑「秒で」って言葉を使ってみたかったんだ)

さて、まともなことも書いていこうと思います。

最近よく、働きすぎとか休んだ方がいいなんて言葉をかけていただきます。

でも、今の仕事量っていうか、活動量っていうか、20歳で就職してからずっと変わってないんですね。

独立して間もないときは正直仕事なんて本当になかった。

でも、そこで毎日毎日本を読んだり、自分で泳ぎに行って勉強したことを確かめたり。

友達のお子さんをお借りして、無料でレッスンさせてもらったり。10年間マスターズクラスは勉強のため、料金をいただいていません。

だから1日の活動量なんていうのは今と全く変わってない。

それでもこれだけ皆さんに声をかけていただけるのは予約サイトの混雑状況なんかを見てかと思います。

でもこれ、自分のスケジュールは見た目でわかるからであって、もっともっと大変な思いをしてる奴もいるんですよ。

運営に専念してる、うちのボスね。

予約表には彼女の名前、ほとんど出てこないけど、めちゃくちゃ働いてるし、めちゃくちゃしんどいと思います。

まー、だから優しい言葉をかけるわけでもないんですが(爆笑)

で、言いたいことは仕事にはそれぞれの「かたち」があるってこと。

だから自分みたいに目立っちゃってる奴だけが頑張ってるんじゃない。

そこをジュニアの選手たちにもわかってほしいんだよ。

例えば、お父さんやお母さんはお前らのために働いてくれて、早起きしてくれて、準備してくれて、ケアしてくれて、お前らが成功するために、お前らが目立つために応援してくれてるんだよ。

ちゃんとそういうとこわかって練習に臨むといいよね。

そして最高の結果をお父さん、お母さんにプレゼントしてあげろよ。

ジジーはそのプレゼント、こっそり勝手に横取りしちゃうけどね。

ってことで、今日はいろんな人がいろんなかたちで動いてくれていて、主役であるお前らが活かされてるんだよってお話でした。

毎回毎回、「お前」とか「奴」とかすみません。

ジジー、育ちがいいもんで…

 

 

 

 

 

 

 

≪次の記事はこちら♪≫         ≪前の記事はこちら♪≫

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

お問い合わせはこちらまで♪

↓↓↓

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です